牧場求人の今後を考える

牧場求人の担い手獲得のための提案

少子高齢化で、どの業種も人員が不足してきています。その中で特に牧場で働く求人は、担い手不足が深刻です。このままだと後継者不足を理由に牧場をやめなければならないところも出ます。今回は、なぜ牧場が担い手不足なのかを分析し、どのようにすれば解決の糸口を見つけられるかについて考えてみたいと思います。
まず、牧場が担い手不足である理由としては、牧場求人のイメージにあると思います。現代の若者は、3K労働を嫌う傾向があります。牧場は、長時間労働できつく、排泄物の清掃もありきつく、場合によっては、酸欠の危険があるため、危険です。このように3K労働のイメージを払拭しない限り、担い手を増やし、牧場の将来を安定的な物にするのは難しいと思います。
私は、このような牧場のイメージを払拭するためには、牧場を農業組合法人化を積極的に推進し、分業化していく事が効果的ではないかと思います。牛の飼い葉の管理をする人と排泄物の処理をする人を分けたり、牛と、馬を両方飼っている場合には、牛と馬とで管理する人を変えたりする必要があるのではないでしょうか。また、長時間労働にならないようにするために、時間も交代勤務をみとめ、一人当たりの負担を軽くする必要もあると思います。

牛が大好き!牧場の求人

牛が大好きな方は、牧場の求人で、仕事を探して、働いてみるのも良いです。あなたは、牛乳が好きですか?牛乳は、そのまま飲んでも美味しいです。牛乳は、料理を作る時にも大活躍します。牧場で働けば、新鮮な美味しい牛乳を飲めるので、牛乳が大好きな方には、嬉しいです。牧場の求人は、都会人でもみる機会があります。
牧場の求人は、都会人が自宅から通える距離でない事が、大半です。牧場の求人は、住み込みを覚悟した方が良いのです。牧場の求人の労働賃金は、とても安いのです。自分で、アパートやマンションの賃貸契約を結んで、家賃を払って、生活すると経済的にかなり苦しい状況になって、しまいます。ですから牧場で、働くのなら寮に住み込みで、働くのが良いのです。寮は、当たりはずれがあります。綺麗な寮だと気持ちよく生活できます。しかし極端に汚い不衛生な寮は、困るのです。
牧場の仕事は、デスクワークと違って、肉体労働です。デスクワークは、机があって、椅子に長時間座ったまま歩く機会が、少ないです。牧場作業は、立ちっぱなしで、椅子などに座る機会が、少ないのです。もともと肉体労働などで、体力に自信のある方であれば、牧場で働いてもスグになれるはずです。しかしデスクワークに慣れた方は、牧場で働いて、体が慣れるまで、ある程度は、かかるはずです。牛が好きなら多少体力が、なくてもやりがいがある仕事なのです。

contents

牧場の正しい求人情報を吟味しよう

牧場の求人をネットで探す 牧場の求人をネットで探す際は、牧場の求人の賃金の相場を詳しく調べた方が良いです。注意ポイントは、最低賃金を下回ってないかを確認した方が良いです。悪質な求人のなかには、ボランティアに…

more

求人条件に書き切れない魅力

牧場の求人で人生勉強をしよう 最初はボランティア感覚で牧場の求人に関心を持った人が本格的に働くならば、場所を選んでおくことが大切です。よりよい人生勉強をする上で必要なことは、動物をいつくしむ素直な気持ちです…

more

牧場求人の今後を考える

牧場求人の担い手獲得のための提案 少子高齢化で、どの業種も人員が不足してきています。その中で特に牧場で働く求人は、担い手不足が深刻です。このままだと後継者不足を理由に牧場をやめなければならないところも出ます…

more